お問い合わせ(水曜・日曜・休診)048-421-0310午前9:10~12:15 午後15:00~17:15

社会貢献

SDGs(持続可能な開発目標)とは

SDGs(エス・ディー・ジーズ)とは「Sustainable Development Goals(持続可能な開発目標)」の略称で、2015年9月の国連サミットで採択されました。SDGsは、17の目標とそれらを達成するための具体的な169のターゲットで構成されており、国連加盟193か国が2016年~2030年の15年間での達成を目指しております。そして重要なのは「世界中の誰一人として取り残さない」ということです。
2018年に発表されたSDGs達成ランキングにおいて、日本は156カ国中15位で、トップ5は、スウェーデン、デンマーク、フィンランド、ドイツ、フランスです。日本は、17の目標のうちで達成されていると評価されたのは、「目標4:質の高い教育をみんなに」のひとつのみで、その他の目標は未達成となっています。



▶︎ SDGsについて(外務省) 

リウマチ専門クリニックとしてのSDGsへの取り組み

医療法人さとう埼玉リウマチクリニックでは、

  • 1)手足が痛み変形してしまう女性の病気「関節リウマチ」への最先端の専門医療
  • 2)働き方改革や生涯学習などを通した「女性の活躍する職場」
  • 3)IOTやAI技術の活用通した「Society5.0の目指すスマートクリニック」
への取り組みをおこない、日本が抱える「少子化問題」や「労働人口減少問題」、「地方創生」、「女性の社会での活躍」の実現をめざしています。

3:すべての人に健康と福祉を


日本中どこにいても安心して受診できる、リウマチ専門クリニックの輪を広げる

•リウマチ医療はこの10年で飛躍的に進歩したにも関わらず、地域では今だに最新のリウマチの専門医療が受けられずに、お困りの方が沢山いらっしゃいます。リウマチの診断がつかずに手足の痛み長年を抱えている方、リウマチの治療をしてはいるものの有効性の低い古い治療であるために手足の変形が生じ退職や寝たきりになってしまう方、さらにはリウマチだからと子供を持つことを諦めてしまっている方もいらっしゃいます。
そんなリウマチでお困りの全ての方が、地域格差なく適切なリウマチ専門医療が受けられるよう、私たちは日本全国にリウマチ専門クリニックの輪を広げる事をビジョンに掲げ、地方創生の一翼を担いたいと思います。

4:質の高い教育をみんなに


リウマチ医師、看護師、医療事務の医療スキルとモラルの両面を高める教育

  • ・リウマチの早期診断に欠かせない最新の検査、関節エコー検査のレクチャーと普及活動
  • ・講演会、学会への積極的な参加と発表を通じ、常に最新のリウマチ医療スキルを学ぶ
  • ・リウマチ医療に関わる資格取得の応援(リウマチ専門医2名在籍、リウマチ財団認定看護師1名、リウマチ学会ソノグラファー2名など)

医師への医療経営の境域

医療経営大学の准教授として、開業医や開業を志す医師への講演

こどもが夢を持てる教育

メディアやラジオを通じ、こどもが夢を持てる教育の応援
(未来をつくるこどもクリニック出演)


5:ジェンダーの平等を実現しよう


〇女性の病気であるリウマチ医療を通じて、女性の社会での活躍を応援する

リウマチを抱えた女性が、手足の痛みや変形の為に仕事ができなくなってしまう事がないよう、最新の治療で働く女性の活躍を応援し、多くの方がリウマチになる前と同じように仕事で活躍をされています。

〇女性が活躍できる職場を実現する

現在女性 8名、男性3名 と多くの女性スタッフさんが活躍されています
・クリニック全体を統括する当法人初の管理職マネージャーも女性で、大活躍をしております。
・女性医師5名、さらにご家庭をお持ちの女性医師2名と家庭とお仕事を両立させながら活躍されています。


7:エネルギーをみんなにそしてクリーンに


〇限りある医療資源と医療費を意識し、大切に使うとともに削減にも取り組んでいます
  • ・患者様と相談の上、不必要な検査や治療ではなく、必要性の高い検査や治療を心がけております。
  • ・半年毎にクリニック全体のシステムを見直し、医療資源や医療費の削減に取り組んでいます。
  • ・私たちが専門性を活かし最大の価値を発揮することができるリウマチ診療のみに集中すること、それ以外の診療は他の医療機関様と連携することで、不必要な医療機器や医療資源の消費をいたしません。


8:働きがいも経済成長も


〇スタッフが成長、自己実現、さらに自己超越する職場を創造します

  • ・医療技術だけでなく、人格面を重視した組織文化と評価システムで、信頼に基づいたエンパワーメントされたチームで、働き甲斐と成長を創生しています。
  • ・各職種ごとのキャリアアッププランを用意し、常に挑戦と成長できる仕組みを心がけています。
  • ・労働時間の見直しによる働き方改革
    (テレワークの導入、2交代制)
  • ・完全週休2日制実現
  • ・有給休暇取得の促進
  • ・Web会議システム導入により移動時間の見直しと作業効率の向上
  • ・デジタル化促進による作業効率の向上
    (電子カルテ、電子レセプト電算)


9:産業と技術革新の基盤を創ろう


〇Society5.0、IoTやAI技術への積極的な取り組みで、患者様に医療の新しい価値を生み出す挑戦をします

  • ・日本初のオンラインリウマチ相談への取り組み
  • ・オンライン診療への取り組み
  • ・ウェアラブル端末との連携によるモニタリングシステム
  • ・SNSを活用した円滑な医療情報連携の構築
  • ・リウマチ分野での再生医療への挑戦
  • ・ポータブル関節エコー開発への協力


11:住み続けられる街づくりを


〇リウマチ女性が安心して仕事や子育てができる街づくりを目指します

  • ・近くにリウマチ専門医がいないために、診断が遅れて手足の痛みが続く、さらには変形して寝たきりになってしまう。そんな事がおきないように、リウマチ専門クリニックの輪を全国に広げ、リウマチ専門クリニックが近くにある街づくりを目指します。
  • ・リウマチは早期発見、早期治療が大切。発症して最初の1年間が一番関節の破壊が進んでしまいます。戸田市と協力しリウマチの症状、早期発見や治療の必要性の啓蒙活動を行っています。


17:パートナーシップで目標を達成しよう


〇医療の枠を超えた他業種様とのジョイントベンチャーで大きな目標の達成を目指します。
〈医療〉〈介護〉〈行政〉〈メディア〉〈ITソリューション〉〈美容〉 〈スポーツジム〉〈接骨院〉〈整体〉〈サプリメント〉〈温泉ソムリエ協会〉〈温泉協会〉〈医療経営大学〉〈靴屋〉